Agenda

See what's on the agenda for the HxGN LOCAL PPM Technical Forum Japan

The HxGN LOCAL PPM Technical Forum, visiting Yokohama, Japan on 7 September 2018, will include a combination of presentations covering latest innovations in our solutions, customer success stories, and industry best practices.

Please note that the agenda may change.




General Session

503
9:30 Registration Open
9:50 Track A

[A-0] Welcome

Takanori Kiyota, Hexagon PPM Japan

10:00 Track A

[A-0] Welcome from IUCJ Chairperson

Tarun Mohta, Toyo Engineering Corporation (EN)

10:10 Track A

[A-1] HxGN LIVE 2018 Keynotes Highlight

Takanori Kiyota, Hexagon PPM Japan

Coming soon!

11:00

Break

11:10 Track A

[A-2] IoT Platform Luciad

Yoichiro Ohta, Hexagon Geospatial

設備の老朽化や作業の効率化を目指してIoTを用いた、センサーからの情報の活用が求められています。Luciadはセンサーから送られてくる様々なデータを分析し、わかりやすい形(2D/3D)でリアルタイムに配管や建物等のCAD モデル、点群データや写真をこれらのセンサー情報と一緒にビジュアライズすることができます。これによってユーザーはリアルタイムで今何が起こっているかという状況を把握することができます。

この発表ではLuciadのIoTプラットフォームとしての利点とともにプラント分野での事例についてもお話させていただきます。

12:00 Track A

[A-3] Lunch Session:Dell Precision Workstation for Professional Engineering

Takeshi Kawaguchi, Dell Japan Inc.
※Lunch will be provided for lunch session participants.

重厚長大型産業向けのハードなプロフェッショナル業務を支えるワークステーション。さまざまなコンピューティング環境の中でも、特にハイレベルのパフォーマンスや信頼性が必要とされるその製品領域において、多くの実績と高い評価をいただいているのがDell Precisionワークステーションです。モバイルからタワー型・ラック型に至るまで、豊富なラインナップが多様な利用シーンを強力にサポートします。

PPM Product Update & Case Study

501

Digital Transformation

502
13:00 Track B

[B-1] 3D & Visualization Update 1

Hironobu Sato, Hexagon PPM Japan

Abstract coming soon.

Track C

[C-1] EcoSys Update & Case Study

Satoru Arakawa, Hexagon PPM Japan

皆様は、コスト・スケジュール・リスク・品質といった、プロジェクトの重要な要素を、さまざまな形で解析しているはずです。しかしこの解析に多くの時間と手間がかかることによって、本来やるべきプロジェクトの問題を分析し、対策を講じる時間がないことは問題です。そこでこのセッションは、プロジェクトコントロールソリューション:EcoSysを用いて、これらの問題解決のヒントを提供します。主に3つのことについて述べます。1.EcoSysの概要、特徴。2.HxGN Live 2018で発表された顧客事例。3. ライブデモと新バージョン:8.3の紹介。この発表によって、手作業のデータ集計から解放され、本来やるべき分析や対策に時間を費やすことができることを、デモを通じて紹介します。

13:50

Break

14:00 Track B

[B-2] 3D & Visualization Update 2

Hironobu Sato, Hexagon PPM Japan

Abstract coming soon!

Track B

[C-2] Digital Transformation for Operation & Projects

Tatsushi Iizawa, Hexagon PPM Japan

当該セッションでは、オペレーションおよびプロジェクトにおけるデジタルトランスフォーメションおよびデジタルツインに関する弊社の考え方や取組みについて、ご紹介させていただきます。操業におけるデジタル化、デジタルツインへの課題、弊社がご提供できるソリューションについてご説明いたします。

Track B

[B-3] Smart Enterprise Solutions at Mitsubishi Heavy Industries Engineering

Koichi Sata,MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES ENGINEERING

2018年1月1日に、三菱重工業の化学プラント、交通システムおよび環境設備に係るエンジニアリング事業を承継する形で「三菱重工エンジニアリング株式会社」が発足いたしました。本セッションでは、弊社が三菱重工時代から取り組んできたSmart Enterprise Solution について、最近の取り組み状況をご紹介したいと思います。

14:50

Break

15:10 Track B

[B-4] Smart Process Engineering Update

Shigeyoshi Haratani, Hexagon PPM Japan

Abstract coming soon.

Track C

[C-3] Construction & Completion Update

Shigeki Yamauchi, Tom Flanagan Hexagon PPM Japan

Abstract coming soon.

Track B

[B-5] Smart Ways of Using SmartPlant P&ID by Commissioning and Construction Group

Luna Matt Jonathan, Chiyoda Corporation (EN)

SmartPlant P&ID has been a de facto standard P&ID Tool, and companies worldwide are using it for creating intelligent P&IDs. However, Chiyoda extends and maximize its usage that even Construction as well as Commissioning teams are now directly utilizing it for their EPC activities. Although it’s beneficial to apply this method for Construction and Commissioning activities, Chiyoda encountered two challenges which are the integration/centralization of ‘Single source of truth’, and prompt issuance of P&ID. In this presentation, a Chiyoda representative will explain how Chiyoda overcome this challenges by using SP P&ID in a smarter way.

15:50

Break

16:00 Track B

[B-6] Information Management & Smart Materials Update

Miho Muranaka, Satoru Arakawa, Hexagon PPM Japan

SmartPlant FoundationをベースにしたInformation Management製品(SmartPlant Foundation, SmartPlant Fusion, Smart Data Validator)の新機能や改良点をご紹介いたします。Version 2018から新しく登場したWeb ClientはIMソフトウェア共通で使われており、2018R1ではさらに進化しております。後半15分ではSmart Materialsの最新情報もご紹介させていただきます。

Track C

[C-4] Leica Solution Update

Tomoya Shibata, Leica Geosystems

Abstract coming soon.

16:50

Closing, Networking Reception





CADWorx & Analysis(CAS), EYECAD Product Update & Case Study

PACIFICO Yokohama 5F

CAS Product Update

511+512

EYECAD Product Update & Case Study

503
13:00 Track D

[D-1] See what's new in CADWorx!

Aimee Ferguson, Hexagon PPM (EN)

In order to stay competitive in your market, it is important that you have the latest technology to help complete your projects. In this session, we will visit each of the CADWorx products and focus on the new features that were developed for the 2018 version. Attendees will see the latest advancements and have time to ask questions on CADWorx Plant, CADWorx Structure, CADWorx P&ID, and the all new CADWorx Design Review! Presenters include the product owners from each of these products; plan on attending to get up to date information on the tools you need to stay ahead with your business.

Track E

[E-1] EYECAD Update

Naoyuki Hatanaka, Kiyotaka Kuroda, Hexagon PPM Japan

当該セッションでは、V8.10(2018年8月リリース)における強力な新機能・改良項目に焦点にあててご紹介させて頂きます。 またV9.00(2019年リリース予定)に向けて今後の開発計画についても一部ご紹介させて頂きます。

13:50

Break

14:00 Track D

[D-2] BricsCAD Update

Osamu Imazu, Zuken Alfatech

CADWorxの新しいプラットフォームとして採用されたBricsCADは日本国内で既に20,000ライセンスを超えてお使いいただいております。このセッションでは, AutoCADとの3Dモデリングの違い、表示スピードの違い等、BricsCADをプラットフォームとして選ばれた場合の様々な利点をご紹介します。

Track E

[E-2] EYECADVer.8.10.00 Update

Yoshihiko Fujishima, Hexagon PPM Japan

当該セッションではV8.10.00の新機能の操作方法や設定方法を具体的に実機操作を交えてご紹介させて頂きます。

14:50

Break

15:00 Track D

[D-3] CADWorx P&ID Pro Update

Gopi Kandru, Hexagon PPM (EN)

Attendances will be able to know this products updated strongly, especially PID Viewer that is information checking function between CADWorx Plant Pro and CADWorx P&ID Pro under CADWorx Plant Pro environment.

Track E

[E-3] EYECAD Case Study (1)

Kouichi Shibata, Tsukishima Kikai

同社は、固液分離技術(固体と液体を分離する技術)を「コア技術」として保有し、製糖、製塩、繊維、化学、上下水道プラントなどに応用し、各種インフラ整備におけるプラントエンジニアリング企業を担っているます。 当該セッションでは『若い世代と3Dの親和性』と題して海外設計協力会社とEYECADの取組みについてご紹介頂きます。

15:25 Track D

[D-4] Modelling Efficiency and Design Quality with CADWorx Structure

Aimee Ferguson, Hexagon PPM (EN)

For this session, CADWorx Structure 2018 will be exhibited to show a CAD-based structural design software created with the structural designer and engineer in mind. You will see how it provides easy-to-use tools, intelligent drawing capabilities, and advanced levels of automation to efficiently perform the daily tasks of a 3D structure designer. Join us to learn how CADWorx Structure empowers you to work efficiently in project workflows due to the focused attention on user experience during the design and implementation of this software.

Track E

[E-4] EYECAD Case Study (2)

Kenji Suzuki, Eiji Sawada, NISSO ENGINEERING

同社は日本曹達株式会社の100%子会社で各種(医薬、食品、ファインケミカル)プラントシステムや装置、さらには納入後のメンテナンスや省エネルギー対応に至るまでのエンジニアリングサービスを提供している総合プラントエンジニアリング企業です。 当該セッションでは設計途中の状態でチェックする手段として非常に有効であると評価頂いております『EYEVIEW-LT』を利用した設計チェックの手法についてご紹介頂きます。

15:50

Break

16:00 Track D

[D-5] CAESAR II 2018 Updates

Stephanie Corken, Hexagon PPM (EN)

CAESAR II 2018の最新情報として、①FEATools(B31J Essentials)を使って、より適切な応力集中係数とたわみ係数を算出し、配管系の解析精度を向上させ設計効率を上げる、②API 610 ノズル解析モジュールのインターフェイスが一新し、複数の機器を同時に扱うことができる、③APCFのSupport IDの機能を強化され、CADデータのタグ、GUIDを読み込み書き出すことができる、④高圧ガス設備等耐震設計基準レベル2地震動を等価線形解析法によって重要度Ia、I配管系の耐震性能評価を行う など多数の機能が更新・追加されました。本セッションでは、これらのCAESAR II 2018 の新機能をわかりやすく紹介いたします。

Track E

[E-5] EYECAD Technical Tips

Yoshihiko Fujishima, Hexagon PPM Japan

当該セッションでは、V7以降に追加された機能を中心に、知って頂きたい技術的な知識を実際のオペレーションを交えてご説明させて頂きます。

16:50

Closing, Networking Reception

Contact Us

For more information about the HxGN LOCAL PPM Technical Forum in Japan, please contact sales.jp.ppm@hexagon.com or +81 45 640 1191.